2015-03-19

タモリさん

平日お昼に京都コンサートホールへ。
京都市交響楽団の新シリーズ「京都 発見!クラシック」Vol.1へ行きました。

指揮は広上淳一さん。
ソリストに山下洋輔さん。
ゲストにタモリ。

タモリ!

びっくりしますよね。
京都市交響楽団と、タモリ。

思わず子どもの頃の夏休みを思い出します。
家にいられるから「笑っていいとも!」を観られるのが嬉しかった。
宿題の存在を忘れたふりして怠惰な生活を満喫する私のお昼を、面白おかしくナビゲートしてくれたタモリさん。

なんで京都コンサートホールで初めて生タモリを観ることになるのだろう?

不思議な気持ちのまま開演を迎えました。

IMG_4122

いただいたプログラムもこんな感じなので、前半は「トーク」ということでしたから、てっきり音楽話でもされるのかと。
少しはしてはったんですが、大部分は芸能界になぜ入ることになったのか(山下洋輔さんが見出し赤塚不二夫さんが面倒を見たとかとか)、民放はスポンサーの縛りがきついのでなかなかオンエアされないネタがあるがNHKはそのへん自由なのですぐ放送しちゃうとか。
とかとかとか。
それは楽しい1時間でした。

そして、トークの終わり頃に客席にいた茂木大輔さん(N響首席オーボエ奏者)がステージに呼ばれ、トークに加わり、挙げ句の果てに4人で「でたらめブルース」をセッションです。
よく分からないけど凄いメンバーだし、みんなめちゃくちゃうまいんです。
ちなみにタモリさんはスキャット(所謂ボーカル)で参加されてたんですが、それはまあ面白くて格好良かったです。

IMG_4119

後半は京都市交響楽団による、バーンスタインやガーシュウィンなどの演奏です。
山下さんソリストの京響との「ラプソディ・イン・ブルー」を聴くのは2回目ですが、今回もとっても刺激的でめちゃ良かったです。
他の曲もみんな素敵で、京響のプレイヤーのみなさんも楽しそうだしかっこいいし、本当に良い時間でした。

大体、タモリと同じ場で京響を聴くなんてレアな体験でした。
(後半はタモリさんも客席で聴いてはりました)
夏休みの友だったタモリさんと、大人になってから一緒にオーケストラの演奏を聴くことになるとは…想像などできるわけもなかった夏の終わりですね。(春ですが)
感慨深かったりもしました。

この時点でかなり満足して、もう今日は笑顔で帰ろう、という心持ちでいましたが、アンコールにもう一度広上さんが客席のタモリさんをステージに呼び、山下洋輔さんのピアノと、広上さん指揮京都市交響楽団と、そして今度は(たぶん)ほんとに即興のタモリさんの歌のセッションです。
夢のようでしたよ。

曲のエンディングでは京響の皆さんもオールスタンディングでの演奏!という愉快な演出つきでした。さすが広上さんだなあ
忘れ難い一日になりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です