2017-10-08

点滴の練習


ジル15歳と6ヶ月。
元気いっぱいに楽しく過ごす毎日ですが、体の中には何かと色々あるようで…

今日、病院での血液検査の結果、腎臓の数値がずいぶん悪いということでした。
週2回の点滴治療が必要とのこと。

点滴は皮下点滴で、病院でやってもいいけど家でもできるそうです。
突然のことで一瞬迷いましたが、家でできるならそうしたい。

家で点滴するには、私たちとジルが今週3回病院に通って、点滴の練習をしてからだそうです。
その場で早速第1回目の練習をしました。
一通り先生から説明を受けた後、実際にジルに点滴をしてみます。

私は針のキャップを外すところでもうほぼ挫折。。
針を持っただけで震えてしまい、全然だめです。
対して夫は、落ち着いて先生の指示通り、ジルの皮下に針を刺しました。
そのまま点滴が最後まで落ちると、また落ち着いて針を抜き、終了。

夫のことが本当に頼もしく見えましたね。。
ジルも「やっぱりこの人についていこう!」と改めて思ったはずです。
私のことは「やっぱりこの人肝心なところであかんわ」とでも思ったでしょうか。。
夫曰く「ジルのためならがんばれるで」だそうですが、私も気持ちは全く同じなんだけどなあ。
なぜでしょう。。

他にも先生から説明を受けたりし、病院を出て、そうしたら涙が出てきて止まりませんでした。
辛いとも悲しいとも違う、なんとも言えない涙です。
15歳を迎えることができて、それからもぼちぼちやってきたジルです。
他にも気になるところはあったりして、元気に暮らしながらも定期的に病院で検査をして様子を見つつの生活でした。
だから、心のどこかで常にいつも覚悟するような、自分に何かを言い聞かせるような日々でした。
夫ともジルの幸せとは、という話をたくさんしていたし、だから大丈夫だし、少なくとも大丈夫でいたいとは思っていました。
それでもやっぱり泣いてしまう。

泣きながら、そういえばジルってあとどのくらい生きられるんだろう?
今の状態ってどのくらい悪いんだろう?
あと1ヶ月とかだったらどうしよう。
もしそうなら、今ある仕事以外の予定は全部断ってしまおう。
色々なことをいっぺんに思いました。
帰宅した後だったけど、先生に電話させてもらって、その質問をしました。
答えは、治療を何もしなかったらその可能性(あと1〜2ヶ月とか)もあるけど、治療をして悪い数値が下がってくれれば、元気を保ってこのまま様子を見ていける、というようなことでした。

その答えでまたしっかり覚悟しました。
普通にがんばります。
夫とも色々話して、なるべく普通に、大事なのはジルが楽しくいられること。
まあ当たり前のようなことなんですが、再確認です。

家で点滴のバッグを下げられるようなフックを取り付けねばです。
蛇足のようなことですが、犬を飼うって、犬の飼い主の使命のようなものって、犬にたくさんの幸せと楽しさをもらうこと、犬にも幸せと楽しさをたくさん味わってもらうこと、犬を看取ることだと思っています。

14

タグ: , ,

コメント4件

  • ともこ より:

    点滴をがんばれたジルと夫さんはかっこいいし、点滴がこわかったまっこさんの気持ちもよくわかります。
    家族みんなで力を合わせて、普通にがんばっていればきっと大丈夫。
    時にはめそめそしながら、できるだけ楽しくジルとまっこさんと夫さんが過ごせるように願っています。

    • macco より:

      ほんとに夫とジルはかっこいいと思うし、ともこちゃんにもそう言ってもらえて誇らしく嬉しいです。
      しかも私の気持ちもよくわかるとか有難い。。
      そうですね、時にはめそめそ。これも普通のことかなと思いました。
      状況は良くはないんだろうけど、かみさまはいろんなチャンスも与えてくれていて、やっぱりジルって持ってるねえ、なんて言ってます。
      なんども読み返したい嬉しいメッセージをどうもありがとう!

  • てん より:

    はじめまして。
    うちにも12歳のmix犬の女の子がいます。
    元気にしていますが、飼い主的にはなにかと先のことが気になるお年頃です。
    うちの犬、シニアになってから健康維持のため、
    須崎動物病院というところでサプリを購入していて、
    そこのサイトに、もしかしたらお役に立てるかも…という記事がありました。
    http://www.susaki.com/column/vol75.html
    もうご存知だったり、お役に立てなかったら、ごめんなさい…。
    うちの犬よりすこし年上のジルちゃんの存在を知ってから、
    ときどきこちらを拝見させていただいていて、
    今日読んで他人事と思えませんでした。
    面識ないのにお節介かな、と随分悩んだのですけど、
    情報は多いほうがいいかも、と思い、コメントさせていただきました。
    ジルちゃん、よくなりますように!

    • macco より:

      てんさん初めまして。
      おやさしいコメント、どうもありがとうございます!
      ご紹介くださった記事、夫と読ませていただきますね。
      ジルは今日も点滴を行ったのですが、まだ悪い症状は出ておらず、今のところ元気にお茶目に暮らしています。
      てんさんのおうちの12歳の女の子もこれからもずっと元気でいられますように…
      本当にありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です