在宅ワーカーのコツみたいなこと

3

朝起きて身支度をして朝食をとって夫を見送って…の後、
すぐに仕事部屋に行ってその日の仕事をします。
仕事が終わったら、後は自由時間。
家事をしたりピアノの練習をしたり犬と遊んだり。
夫が夜帰宅したら、なんだか一日がほわ〜と終わっていくような感じ。

平日はだいたいこの順番で生活しています。
書き出してみると、適当にやってるようで案外順序立っている。

でも今日、順番変えてみました。

少し寒いけど、良いお天気であまりにも素敵な日!と思った勢いで、
むくむくと掃除や洗濯をしたい気持ちが。

仕事がたまってるのにそれを放っておいたまま家事をするのは、最初は気が引けるし勇気がいったけど(大袈裟ですけど習慣というのはそういうものみたいです)、午前中の独特の陽射しの中でする家事はほんとーーに気持ち良かったです!
掃除も洗濯もはかどるし気分はさっぱりするし、爽快でした。

IMG_5976
日光消毒中の台所用品

それに、たくさん家事をこなした気がするのに、まだ12時前。
スーパーに夕飯の買い出しにまで行ったのにまだ午前中。

いつもは、仕事の後これらの家事をしたり、しなかったり、
買い出しに行くのもなんだか億劫でぐずぐずしたり…

不思議やなあと思いながらも、余り物で適当な昼食を作って食べました。

IMG_5979
適当と言ってもなかなか美味しい、目玉焼きのせミートソースごはん。

調子に乗って昼寝を1時間もしてから、やっと仕事部屋へ。
朝が快活に始まったからか、仕事も元気良く進むし、うまくいきすぎてなんだか怖い。

在宅ワーカーは滅多に人と会わないし、自己管理が大切で…ということは分かっていても、自己管理と言うよりは自分との泥仕合といった毎日で、戦い疲れてすぐに疲労がたまっていた気がします。
自己管理という言葉に完全に敗北を記していたのです…

自分を管理するのはしんどいから、また今日みたいにお天気の良い午前中は、仕事部屋に籠っていないで掃除と洗濯をしよう!と心に決めました。
そうしたら、後は自動的に体が動いてくれるはず…今日はそんな感じだったので。

雨の日とか気圧の低い日は観念して鬱々と過ごすことにして…

クライアントにしかるべき対応をし、しかるべき内容の仕事を仕上げ、締切をきちんと守れば、あとは自分で自由に決めていいのだから。
もっと天気や体調やその日の流れみたいなものに素直になってみようかなあ。
そういうことに逆らってばかりだったから、気ぜわしく追い詰められていたのかも。

このやり方で仕事を始めてから軽く10年以上。
やっと少しコツが掴めた気がしたのでした…

関連記事