ジル13歳の今日この頃

5

春頃から最近にかけて、ずーっとジルの皮膚病に悪戦苦闘してました。
正確には今も完治した訳ではありませんが、一時に比べたら本当にぐんぐんと良くなってきたのでほっとしています。

gilles02
今日届いたNikonのフィルム一眼レフの試し撮りモデルをしたジっちゃん。
(カメラの話はまた今度…)

色んな薬を試してもだめで、一旦良くなったと思っても薬を止めた途端悪化し、その繰り返し。
寝ている時以外、落ち着けずずっと体を舐めているジル。
一時は私も涙が止まらなくなる日があったくらい、辛そうでかわいそうなジルでした。

そんな気持ちや状態をインスタグラムで吐露したら、親切にセカンドオピニオンに良さそうな病院を教えてくれる方がいたり…
たくさんの人に励ましてもらったジっちゃんと私たちでした。

IMG_5345
今はアレルギー対策のフードを食べています。
ロイヤルカナンのアミノペプチド フォーミュラ。
なんせ名前がかっこいい。
うちではすっかりジルの「ごはん」のことを「フォーミュラ」と呼ぶようになりました。
フォーミュラを始めたこの頃、まだ目に力がないジっちゃんですね。

名称未設定 1
他に対策として、カーペットを天然素材(綿麻にしました。ほんとはシルクが一番いいらしい!)のものにしました。
寒くなってきて、アクリル素材のカーペットを敷いた途端、ジルの顔にばーっとかゆかゆができたので…。
このカーペット作戦が効いたのかどうかはっきりしないのですが、とりあえずジルの顔のかゆかゆは治っています。
綿麻の素材がとても気持ち良くて、ジルも私たちもなんにせよ幸せです。

若い頃はしつけ教室をがんばったり、琵琶湖で泳いだりとアクティブなジっちゃんでしたが、13歳の今はのんびりキャンプやピクニックが一番のアウトドアです。
家にいる時はほぼ、お昼寝しています。

しつけもゆるーくなって(お互いに)、「フセ」と言ってもやったりやらなかったり。
「おいで」と言っても来たり来なかったり。
だいたいにおいて、「ま、いっか」な毎日です。

2階への階段も急に上れなくなって、1階に取り残されると「2階に行きたい!!」と怒りまくるので、寝室や仕事部屋に行く時はだっこで2階に連れて行っています。だってすごい怒るし…。
でも、階段を上れなくなったけど、降りれるんです。
夜中に勝手に下に降りてトイレに行ったり水を飲んだり、そしてまた「2階に行きたい!!」と朝方ぐっすり眠ってる頃怒られてます。。

DSC_0013
余裕しゃくしゃくのジっちゃん

12
ブレても可愛いジっちゃん

関連記事